最大1,000万円!
ものづくり補助金
活用しませんか?

こんなお悩みの方へ

そんなお悩みを解決します!

「ものづくり補助金」について

「ものづくり補助金」とは、中小企業・小規模事業者が取り組む、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の一部を支援する補助金制度です。国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築することを目的とします。

募集要項では「革新的・新規」が強調されていますが、内容によっては従来製品の製造方法の見直しや改良でも対象になる場合がございますのでまずはご相談ください。

テックリソースが過去に獲得サポートした
「ものづくり補助金」は総額で数億円!

1

弊社は技術に強いのが“ウリ”です

技術について1からご説明いただく手間がございません。
技術がわかるからこそ書ける申請書”を作成いたします。ものづくり補助金では、技術の説明がわかりやすくなされているかも採否のキーポイントになります。
一般に、コンサルタントは文系出身が多く技術的な内容に踏み込めない場合が多いですが、弊社ではメーカーの製造部門・研究部門経験がある技術者が技術的な部分の対応を行います。そのため、御社の技術の魅力をしっかりアピールできる申請書を作成可能です。

2

補助金は大企業だけのものではありません

  • 書類を作成するのが難しいなぁ。。。
  • うちの会社は先端技術を扱っているわけじゃないし。。。
その問題は弊社が解決します!(日本全国対応)

新しい商品・サービスの開発等が要件になっていますが、実際には結構幅広い案件が採択されています。「無理かな?」と思われる案件でも意外と採択されています。当社のサポートで従業員10名に満たない会社も採択されています。
今回特に指定されているIoT関連技術に関しても採択事例がございますので是非ご相談ください。

3

正式にご依頼いただくまでの費用は無料です

補助金について詳しく知りたいという方やご検討中の方も、まずはお気軽にご相談ください。
補助金獲得までのご支援内容についてご提案させていただきます。

採択実績が多数ございます。
十数年の経験を生かして申請書類作成をお手伝いいたします。

ご依頼の流れはこちら

お問い合わせはこちら

ものづくり補助金ご依頼の流れ

支援内容 料金

1・2の作業には
7日から10日ほど
お時間を
いただきます

1

初回電話相談

- ものづくり補助金公募要領の説明
- お客様検討内容の簡易ヒアリング
- 補助金適用可能性の簡易アドバイス
- 弊社サービスの説明

※公募締切間際(2週間前)でもご対応が可能な場合もございます。お気軽にお問い合わせください。

電話相談無料!

お気軽にお問い合わせください!

2

事業計画の大筋作成

- 事業内容のヒアリング・参考資料の受領
- 大まかな申請ストーリーの作成
(審査ポイントを踏まえて、採択されやすいストーリーを作成)

3・4の作業には
7日から2週間ほど
お時間を
いただきます

3

事業計画書作成支援

- 大まかなストーリーを基にお客様とご相談
- 詳細及び図表等作成
- 添付資料のアドバイス

着手金12万円+
成功報酬として
補助金額の10%(税別)
※採択確率向上のための経営力向上計画・先端設備導入計画の申請についてご依頼の場合は費用別途お見積もりいたします。

4

申請資料の取りまとめ

(ご希望により発送まで)
※申請書印刷・製本も弊社にて、行います。提出部数が多いので結構な作業量です。(他社と比較検討の場合、製本まで含まれるかご確認ください)

支援内容 料金
作業期間

1

初回電話相談

- ものづくり補助金公募要領の説明
- お客様検討内容の簡易ヒアリング
- 補助金適用可能性の簡易アドバイス
- 弊社サービスの説明

※公募締切間際(2週間前)でもご対応が可能な場合もございます。お気軽にお問い合わせください。

電話相談無料!お気軽にお問い合わせください!

1・2の作業には
7日から10日ほど
お時間を
いただきます

2

事業計画の大筋作成

- 事業内容のヒアリング・参考資料の受領
- 大まかな申請ストーリーの作成
(審査ポイントを踏まえて、採択されやすいストーリーを作成)

3

事業計画書作成支援

- 大まかなストーリーを基にお客様とご相談
- 詳細及び図表等作成
- 添付資料のアドバイス

着手金12万円+
成功報酬として
補助金額の10%(税別)
※採択確率向上のための経営力向上計画・先端設備導入計画の申請についてご依頼の場合は費用別途お見積もりいたします。

3・4の作業には
7日から2週間ほど
お時間を
いただきます

4

事業計画書作成支援

- 大まかなストーリーを基にお客様とご相談
- 詳細及び図表等作成
- 添付資料のアドバイス

公募期間

平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」

公募期間 2019/2/18(月)~第2次締め切り2019/5/8(水)
補助対象 新しいサービス、新商品・試作品の開発
補助上限額 1,000万円(応募カテゴリーによります)

2月23日(土)の第1次締め切りに応募された方は、第2次締め切り5月8日(水)応募分のの審査にも自動的にかけられます。しかしながら、第1次締め切りで不採択となった申請書を一度取り下げて第2次締め切りに応募しなおすことはできません。準備が万全な会社様以外は、第2次締め切りを目指すのが賢明だと思います。

弊社でサポートできる件数には限りがあり、毎回公募期間中に対応可能上限件数に達してしまいますので、ご希望の方はお早めにご相談ください。数日中には上限に達すると思われます。

補助上限金額と補助率について

新しい商品・サービスの開発や業務プロセスの改善、新しい販売方法の導入など、中小企業・小規模事業者が取り組む事業革新の費用の最大2/3(条件あり)~1/2を補助します。
補助対象:新しいサービス、新商品・試作品の開発
補助上限額:1,000万円
(IoT機器等指定の設備を導入の場合や、その他会社の雇用取組等条件クリアで上限アップ)

対象者

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」(ものづくり補助金)は、
・数百万円から数千万円の設備投資を行う予定がある。
・新商品や新サービスを開発する予定がある。
このような中小企業が対象です。

補助金にお悩みの方は、
まずはお気軽にご相談ください。